人に気づかれにくく虫歯リスクが低い裏側矯正

虫歯の治療方法

院内

物を食べたときに歯が染みたり痛みが出たり、鏡を見て色が変わっているようなら虫歯の可能性があります。虫歯は虫歯菌が出す毒素のせいで歯が溶けて穴があいている状態なのです。この虫歯菌というのは歯垢の中にたくさん入っていて、歯茎の辺りに入り込むと虫歯だけでなく歯周病も引き起こしてしまうのです。虫歯菌を追い出すために必要なのが毎日の歯みがきでプラークコントロールを行なうことです。茨木にある歯科では、初期の虫歯患者にもプラークコントロールの指導が行なわれています。なぜ、指導をするのかというと初期の虫歯はまだ歯の表面だけしか溶かされておらず、綺麗に歯みがきを行なうことで削らなくても治すことができるからです。歯には再石灰化という作用があり、歯みがきをすることでそれが促され虫歯の進行や繁殖を防いでくれます。しかし、茨木の歯科ではそれ以上に虫歯が進行してしまった場合は歯を削らなくてはいけません。比較的早い段階であれば削る部分を小さく最小限に留めることもできるでしょう。けれども、歯の神経にまで達しているような虫歯は削ったり、抜歯したりする必要が出てしまうのです。茨木の一部の歯科では、神経に達した虫歯の治療に根管治療が施されることもあります。根管治療はなるべく抜歯をせずに歯を残そうという虫歯治療ですが、とても高度な技術が必要となるのです。また、茨木で虫歯の抜歯治療をした場合、抜いた歯の変わりにインプラントを入れることもできます。