人に気づかれにくく虫歯リスクが低い裏側矯正

1年以上の治療が必要

口元

歯の矯正というと長い期間が必要になるというイメージがあります。府中にある矯正歯科では、大人の歯の矯正治療に1年以上3年くらいの期間が必要となります。なぜ、こんなに長い期間が必要なのかというと、子どもの歯と比べて大人の歯はすでに成長が止まっていて動かしにくいからなのです。もちろん、矯正する人の歯の状態によっても治療期間は大きく異なります。府中の矯正歯科の中にはマウスピースですきっ歯を矯正しているというところもあり、そういった難易度の低い治療であれば早くて半年程度で終わらせることができます。マウスピース矯正の治療にかかる金額は約50万から60万で他の矯正方法よりもリーズナブルなのです。ただ、全ての歯並びに対応できるわけではありませんので一度府中にあるマウスピースを使う矯正歯科で相談してもらいましょう。マウスピースと比べて長い治療期間や高い費用がかかるのがブラケット矯正です。府中で行なわれているブラケット矯正は多くの歯並びに対応することができるでしょう。しかし、この方法だと冒頭で話したように1年以上の時間がかかってしまいます。だた、ブラケット矯正なら0.1ミリという微調整をすることもできるのです。一番理想通りの歯並びを実現してくれる方法です。最近、府中の一部の矯正歯科では外的手術を組み込んだスピード矯正というものも行なわれています。これは、顎の骨を削ったりインプラントを入れたりする外的手術とブラケット矯正を組み合わせて行なう矯正法で短期間で治療を終えることができます。