人に気づかれにくく虫歯リスクが低い裏側矯正

白い詰め物の正体

院内

一昔前まではほとんどの歯科で虫歯治療のときに銀歯が使われていました。しかし、銀歯を入れてしまうと口を開けたときに目立ってしまい、それを気にしている人もたくさんいます。そのため、最近は西宮にある歯科では銀歯だけでなく白い詰め物をすることもできるようになっているのです。この白い詰め物というのは一体何でできているのでしょうか。白い詰め物として西宮にある歯科で使用されているのがコンポジットレジンというものです。これは柔らかいプラスチック素材でできており、特殊な光に当てることで固めることができるのです。このコンポジットレジンを使うことで歯を削る部分を少なくでき、また虫歯の治療を一度で終わらせることもできるようになりました。虫歯で空いた穴というのは中で大きく広がっていることがあり、そこに詰め物をするために大きな穴を空ける必要があったのです。しかし、コンポジットレジンは柔らかく小さい穴からでも中へ詰めることができます。これにより必要最低限の場所だけを削り治療を進めることができるようになったのです。また、西宮にある歯科ではほかの材料で歯を詰めることもあります。それがセラミックで、歯の色ととてもよく似せることができる素材です。セラミックの詰め物をするときは一度歯型をとり、模型の上で形を作る必要があります。少し時間がかかってしまいますが、コンポジットレジンと違い、より歯の形に合わせた詰め物を作ることができるのです。西宮の歯科で虫歯治療をするときはこういった白い詰め物について詳しく聞くことができるでしょう。